御朱印

宇奈月神社

宇奈月神社アイキャッチ画像

宇奈月神社は富山地方鉄道宇奈月温泉駅の南東約300メートルの位置に鎮座しています。
私は宇奈月温泉駅より徒歩で参拝しました。
また、目の前北の方向約150メートルの地点に、黒部峡谷観光で有名な黒部峡谷鉄道の宇奈月駅があります。

隣にセレネ美術館があり、そちらで御朱印をいただきました。
神社参拝後ですよって書いてありました。
境内の社務所ではないですもんね。

参拝日 令和元年11月1日。
鎮座地 富山県黒部市黒部峡谷口30
御祭神 天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
    大山津見神(おおやまつみのかみ)
    大山久比神(おおやまくいのかみ)
    軻遇突智神(かぐつちのかみ)
    水波象女神(みづはのめのかみ)
    誉田別命(ほんだわけのみこと)

宇奈月神社御祭神

天照皇大神 皇室の祖神であり日本国民の総氏神。
大山津見神 全ての山を司る神。
様々な恵みを授ける。
大山久比神 山の地主神。
農耕や治水、開拓を司る。
軻遇突智神 火の神であり、温泉の神、工業の神。
水波象女神 水の神。
用水の恵みを象徴する豊穣の神。
誉田別命 八幡神。
武運の神であり神域を守護する。

由来

いただいた栞によると、宇奈月の地には人がほとんど住んでいなかったが、大正時代に電源開発が始まると温泉が出来たこともあって、人が居を構え生計を営むようになったそうです。

人口も2000人を超え諸施設が建設され街の形が整ってきたが、神社がなかったので発電事業や工事関係の会社も協力し、昭和2年(1927)祭神を六柱勧請し創建されたとあります。

御狼堂

慶長の頃、桃原に開いた田畑を猪熊猿の群れが襲い苦労していたところ、白く大きな山狼がこの地を守ったとあり。
これに感謝し、治郎左エ門が慶長8年(1603)御狼之神として奉り、お堂に祀って鎮守とした。
昭和9年(1934)、宇奈月神社に合社されたそうです。

宇奈月神社社殿宇奈月神社社殿
宇奈月神社鳥居宇奈月神社鳥居
 
宇奈月神社手水舎宇奈月神社手水舎
宇奈月神社扁額宇奈月神社扁額
 

神社の右隣の白っぽい建物がセレネ美術館です。

宇奈月神社全景宇奈月神社全景
宇奈月神社御朱印宇奈月神社御朱印
 

鉄橋上のトロッコ電車を撮ることが出来ました。
紅葉する木が少ないみたいですね。

黒部峡谷鉄道黒部峡谷鉄道