御朱印

大木白山社

大木白山社のアイキャッチ画像です

あいの風とやま鉄道・高岡駅を出て西に500メートル程の距離で、 關野神社からも南方向に500メートル程の距離です。
私は徒歩だったので北口を出て線路沿いに西に500メートル程歩いて線路をくぐって行きました。
線路沿いなのですぐにわかりました。

参拝日 令和1年5月3日
所在地 富山県高岡市大工中町597

御祭神 久々里媛命
    伊弉那岐大神
    伊弉那美大神
    彌豆波廼女神

御由緒

大木白山社は、霊峰白山を神体山とする白山比咩の神様を、本宮からご分霊を拝載して創ったと伝えられているとの事。
その創建は不詳だが、現御社殿は享保元年(1716)に改築されたことが記されています。
当時前田利長公が産業繁栄領民平安の祈願神社として参詣をなし、高岡下関地区の鎮守様と仰がれています。

大木白山社の社殿大木白山社の社殿
大木白山社の拝殿大木白山社の拝殿
大木白山社の参道大木白山社の参道
大木白山社の神馬大木白山社の神馬
大木白山社の境内社大木白山社の境内社
大木白山社の手水舎大木白山社の手水舎
大木白山社の御朱印大木白山社の御朱印
大木白山社の社標大木白山社の社標