御朱印

射水神社

射水神社のアイキャッチ画像です

金沢へ行った帰りに高岡駅で下車して、参拝しました。
関野神社、大仏寺、射水神社とほぼ一直線で、中間地が 大佛寺です。

参拝日 平成31年2月8日
所在地 富山県高岡市古城1-1
御祭神 瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
御神徳 五穀豊穣、商業繁栄、家内安全、縁結び、     
    開運厄祓、みちひらき

越中総鎮守射水神社にて参拝した折にいただいた資料によれば、越中総鎮守射水神社は、悠久の昔、二上神を奉斎して二上山麓に創建され『延喜式』。
越中三十四座中で唯一の名神大社として、その御神威は広く朝野に知れわたり、越中国総鎮守の大守護神として崇敬されてきたとのことです。

奈良朝、勅命により越中全土の各戸より初穂米奉納の制度が設けられ、また、国司の補佐にあたっては国家安穏、五穀豊穣を祈願する越中国一宮としてその隆盛を極めました。

その後、戦国時代には兵火により社殿が悉く焼失しましたが、天正13年、前田利家公が越中を領するに至って社殿を修理、二代目前田利長公により再建されて、一時中断されていた初穂米制度も復活し、江戸時代に加賀藩の祈祷所となって復興したとのことです。

明治4年、越中で最高の国幣中社に列せられ、諸条件を鑑み、現鎮座地の高岡城本丸跡に官費を以って社殿が造営され、明治8年9月16日、盛大且厳粛に遷座祭が斎行されました。
しかし明治33年、高岡大火により類焼し社殿樹叢を悉く炎上しましたが仝35年には官費を以って再建されたのが現在の社殿となり、建築界で初めて文化勲章を受けた伊藤忠太が設計を担当しました。

富山県下一円はもとより、全国より崇敬が寄せられていましたが、終戦により官費も断たれ、神社の衰退は極めて厳しく、これを憂えて奉賛会が発足し、今日まで広く県内外より崇敬奉賛の赤誠が捧げられています。

特に我が国の正史に天武天皇3年(西暦674)奉幣と誌されることを基とし、昭和50年、長き辺りより奉げい料を賜り、御鎮座1300年・御遷座100年祭が麗しく斎行されたとのことです。

射水神社拝殿射水神社拝殿
射水神社参道射水神社参道
射水神社御朱印射水神社御朱印

今回参拝した神社仏閣

今回、高岡市での参拝は当初予定していなかった割には、瑞龍寺、総持寺、関野神社、大佛寺、そして射水神社と5か所参拝出来ました。
高岡市には他にも有名な寺社が多く、再度伺いたいです。

高岡市御朱印マップ高岡市御朱印マップ
 

令和元年5月3日

明治8年(1875)に、二上より高岡城本丸跡に遷座されたことを奉祝し 白銀町の方々の篤志により紅梅が奉納されたそうです。
樹齢約400年の年月を重ね、今もなお春先には幹から直接に 花をつけ樹木全体に力強く咲き誇り生命の息吹を感じさせてくれるといいます。
不老長寿・子孫繁栄の象徴として参拝者に親しまれているとのことです。

射水神社紅梅射水神社紅梅
射水神社鳥居射水神社鳥居
射水神社手水舎射水神社手水舎
 

改元して間もないため御朱印の対応が厳しいらしく、簡素でしたが頂いてきました。
その時に頂いた栞の内容を略々印しておきます。

このたび、御譲位による御代替わりとして、『平成』より新たに『令和』の御代が始まり、御即位奉祝の意として、5月1日より『御朱印』の意匠を特別なものをご用意いたしました。

古来より、聖帝の御代には瑞鳥『鳳凰』が飛来するとされ雄を“鳳“ 雌を”凰“とし、雌雄一対ともされています。
特に古来よりの伝統的な文様であり宮中や神社の調度品に用いられる『有職文様』として御朱印の上部に上部に配し、新たなる御代の栄をお祈りいたしました。

また、元号『令和』は『万葉集』巻五『梅花の歌』序文『初春令月 気淑風和 梅披鏡前之粉蘭薫珮後之香』を典拠とされたもので、新たな『元号』に親しんでいただくべく、その一節を副え、御参拝の日付の元号の表記とさせていただきました。
とあります。

射水神社令和御朱印射水神社令和御朱印
 

令和元年9月4日御朱印です。
前回より新たな模様が加わっています。

最新御朱印最新御朱印