海洋深層水

入善海洋深層水

海洋深層水活用施設のアイキャッチ画像です

黒部川は黒部市と入善町の境界を流れます。
上流には黒部の太陽で有名な黒部ダムもあります。
そして宇奈月温泉もあります。
黒部川の水が扇状地の中を伏流水として至る所に流れ、清らかな湧水となって扇端部で自噴します。

この黒部川扇状地湧水群が全国名水百選にも選ばれるなど、黒部市、入善町とも全国でも有数の名水の里として知られています。

入善町と言えば「水」。
その入善町が新たな「水」に着目しました。
それが神秘の水「海洋深層水」です。

平成11年、アクアビレッジ基本構想を策定し、「水産業の振興」、
「新規産業活動の振興」そして「町のイメージアップ」を3本の柱とした海洋深層水を活用した町の活性化を目指すことになりました。
平成13年12月には、平曽川沖合約3キロメートル、水深384メートルの地点から取水する入善海洋深層水活用施設が完成し、いよいよ海洋深層水の取水がスタートしました。

海洋深層水の種類

入善漁協組合が管理し、
取水したそのものの原水
原水を1.5倍に濃縮した濃縮水
原水から塩分を99%除去した脱塩水
の3種類の深層水の分水を開始しました。

その後周辺も整備され今や海洋深層水パークと呼ばれています。

タイちゃんの画像
タイちゃん

脱塩水について教えて

ユミちゃんの画像
ユミちゃん

入善町の海洋深層水の脱塩方法は逆浸透膜法なんだって。
この方法だと、「純水に近い淡水」と
「濃縮された深層水」に分離されます。
つまり、脱塩と同時にミネラル分もほとんど除去されるの
で勘違いしないでねって。

取水施設設置当初取水施設設置当初
取水施設設現在取水施設設現在
 
取水管設置海域取水管設置海域
取水管設置海域